ワキガ治療 削除吸引法 フォーミュラシェーバーシステム(クワドラカット後継)

削除吸引法
フォーミュラ
シェーバーシステム
(クワドラカット後継)

削除吸引法
フォーミュラ
シェーバーシステム
(クワドラカット後継)

痛みも少なく、
ダウンタイムも短い身体に優しい治療

フォーミュラシェーバーシステムでは、ニオイのもとのであるアポクリン汗腺とエクリン汗腺を切除するため、ワキの下の皮膚をシワに沿って切開します。
先端に穴が開いている吸引管(カニューレ)を差し込み、汗腺を破壊しながら吸引する最新のワキガ治療法ですが、剪除法とほぼ同等の効果があります。
剪除法の切開が通常4~5cmなのに対し、フォーミュラシェーバーシステムの切開は10分の1の4~5mmで、手術後の傷跡圧迫も1週間程度と短くなります。
通常より小さい切開なので、身体に優しいのが特長です。

治療法

ワキの下のシワに沿って、4~5mm程度切開します。
そこに、特殊な形状をした皮膚を保護する外筒と、高速で振動する刃がついた内筒で構成された、先端に穴が開いている吸引管(カニューレ)を差し込みます。
ワキガの原因となっているアポクリン汗腺・エクリン汗腺を破壊しながら吸引除去します。
手術後は傷跡の対応が必要ですので、日常生活は1~2週間の制限がかかります。
当院では、患者様が早く日常生活に戻れるよう、傷跡をなるべく小さく目立たないようにすることを重要視しています。

※世界有数の医療機器メーカー ストライカー社のフォーミュラシェーバーシステム
(旧クワドラカットシェーバーシステム)を使った治療法です。

治療動画

 

効果が高く術後の皮膚ダメージが軽いため、女性やお子様の治療にもおススメします。

治療に向いている方


メリット デメリット
メリット
  • 傷跡が小さい(最小限)
    使用する器具の管が細いのでワキの下の切開が4~5mm
  • 手術時間が短い
    両ワキの治療約1時間剪除法はワキの治療として1~2時間
  • 手術後の傷跡圧迫が短く回復が早い
    傷跡が小さいので圧迫の日数が短い
    (きれいな傷跡にするため、傷跡の固定・安静・保湿目的で両ワキをテーピングで圧迫)
  • アポクリン汗腺・エクリン汗腺の除去率が高い
    アポクリン汗腺・エクリン汗腺を破壊し除去するため除去率が高い
  • 若年者のワキガにも対応
    切除部分が小さく傷跡が目立たず、治療時間も短いので
    若年者(概ね15歳~)も治療に対応
デメリット
  • 費用がかかる
    保険適用外の治療なので、自費。

痛みも少なく、ダウンタイムも短い身体に優しい治療


治療の流れ

step1

カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
その上で効果と副作用のバランスを考えながら最も適した治療法を決めていきます。

step2

マーキング

皮膚の切開線や汗腺を除去する範囲のマーキングを行っていきます。

step3

麻酔

手術箇所に局所麻酔を行います。追加で静脈麻酔を行う場合もあります。

step4

手術

ワキのシワに沿って、4~5mmの孔をあける。切開部よりマイクロシェーバーを挿入し、汗腺を削除しながら吸引していきます。
皮膚が浮かないように深部組織と皮膚を関連付け、皮膚を縫合します。状態によってドレーンを挿入することもあります。

step5

術後(当日)

皮膚がしっかりとくっくようにスポンジなどを当て、包帯で圧迫し創部を固定します。
当日は出来るだけ安静を保ち、ワキに負担がかからないようにしてください。
1週間程このまま固定します。当日は、シャワー・入浴が出来ません。

step6

術後(当日以降)

翌日からは、ワキを濡らさないようにしていただければ、シャワーは可能。
腫れ・内出血が1~2週間程度気になる場合があります。また、軽い痛みや引っぱられる又は引きつる感じがしばらく続きます。


治療を受けられない方


リスクについて


よくある質問

何歳から手術は可能ですか?
小学生位から手術は可能ですが、体格や本人の意識の程度など、総合的に判断しなければなりませんので医師にご相談ください。
手術痕は残りますか?
ワキガ手術による治療は手術痕が残りますが、フォーミュラシェーバーシステムは傷跡が小さく目立ちません。

お問い合わせcontact

Copyright © cosmedical clinic cynthia. All Rights Reserved

pagetop