ワキガ治療 剪除法(皮弁法)【保険適用有】

剪除法
(皮弁法)

ワキガ治療 剪除法
(皮弁法)

ワキガの再発率が低く、効果的だが、傷跡が目立つ方法

剪除法では、ニオイのもとのであるアポクリン汗腺を切除するため、ワキの下の皮膚を切開します。
切開したところから皮膚を反転させ、アポクリン汗腺をハサミで切除します。
目視で裏から切除する手術ですので、再発率が低く、効果の高い治療法です。

目で確認しながらアポクリン汗腺を取り除く

治療法

ワキの下を、4~5cm切開します。そこから皮膚を剥がして反転させます。
皮下にあるアポクリン汗腺をハサミで切除します。

治療に向いている方

メリット デメリット
メリット
  • 改善効果が高い。
    ワキガの元となる細胞を医師が目で見て切除するので効果が大きい。
  • 保険適用の場合費用が抑えられる。
  • 切開によるアポクリン汗腺の確認。
※症状によっては保険が適用できない場合があります。
デメリット
  • 切開が大きいので傷跡が残る。
    質感の悪化、拘縮などが残る可能性がある。
  • 手術時間が長い(1時間半~2時間)
    目視で手術を行うため、時間がかかる。
  • ダウンタイムが長い

治療の流れ

step1

カウンセリング

医師により、充分なカウンセリングを行います。
その上で効果と副作用のバランスを考えながら最も適した治療法を決めていきます。

step2

マーキング

皮膚の切開線や汗腺を除去する範囲のマーキングを行っていきます。

step3

麻酔

手術箇所に局所麻酔を行います。静脈麻酔を併用します。

step4

手術

切開腺を4~5cmとり皮膚を反転させ直視下に汗腺を除去していきます。
汗腺の除去後、切開部を縫合します。剥がした皮膚が浮かないように皮下組織と皮膚を関連付けた縫合固定をします。ドレーンを挿入します。

手術の流れ

汗腺除去前と汗腺除去後

step5

術後(当日)

術後の流れ

皮膚がしっかりとくっつくようにガーゼを厚く当て、テープで圧迫し創部を固定します。
当日は出来るだけ安静を保ち、ワキに負担がかからないようにしてください。
当日は、シャワー・入浴が出来ません。

step6

術後(当日以降)

翌日からは傷を擦らなければ、シャワーは可能。
腫れ・内出血・軽い痛みが2週間程度気になる場合があります。また、赤味・色素沈着・皮膚の硬さ・引きつり感がしばらく続きます。


治療を受けられない方


リスクについて


よくある質問

ワキガ治療をすると脱毛効果があるって本当ですか?
ワキガ治療では、あくまでもアポクリン汗腺(臭いの原因汗腺)を除去します。ワキガ手術でいくらかは減毛しますが、きちんと脱毛をしたい方は、レーザー脱毛を受けた方がキレイで効果もあります。
腕が動かなくなったりしないかとても心配です。
術後に圧迫固定をする関係で腕が一時的に上がりづらくなりますが、固定解除後は若干引きつる感じがしますが徐々に解消されます。
手術後の傷は、何ヶ月くらいから目立たなくなりますか。
術後3~6ヵ月くらいかけて線状の傷跡となり目立たなくなります。
手術後、突然体質が変わることはあるのでしょうか。
(ワキガ体質と理解して)体質は変わりませんが、ワキガの汗腺が取り除かれるので臭いはしなくなります。
手術をしたことはありますが完治していません。再度手術はできますか。
再手術は可能です。残っているワキガの汗腺を取り除かないと症状は改善されません。一度診察にいらしてください。
ニオイは完全になくなりますか?
皮膚の裏側に存在するアポクリン汗腺を除去しますが、ごく一部が真皮内に残ることや皮脂腺から分泌される皮脂の臭いが残るため、臭いが完全になくなるわけではありません。
多汗症にも効果がありますか?
水汗をかくエクリン汗腺の働きも弱くなってワキ汗が減る効果も期待できます。

お問い合わせcontact

Copyright © cosmedical clinic cynthia. All Rights Reserved

pagetop